QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

GREやGMATに困っている方のために

こんにちは。

今日は私がアメリカに大学院留学の準備をしていた時のことを思い出していました。

アメリカの大学院留学には必ずGREという馬鹿みたいに難しい試験を受ける必要があります。


日本にはセンター試験という試験がありますが、アメリカでは同じようなものにSATという試験があります。

GREはSATの大学院受験版です。

日本の大学院受験では、見られることはほとんどありませんが、

大学院受験の際には留学生であってもTOEFLと共に提出義務があるところが多いです。

GREは大学院一般、GMATはMBA受験の際に必要です。



まずは知名度のあるTOEFLと比較してみましょう。


TOEFLテスト
対象: 非英語圏の出願者
難易度: 易しめ より高度
目的 大学院の講義に充分な英語力があるかどうか


GREテスト
対象: 全出願者(ネイティブ含む)
難易度: より高度
目的: 学術的知識を問い、受験者の優劣をつける
GREは受験者の基礎的学力を測る学術試験です。



GREテストの認知度

GREは世界規模のテストということにはなっていますが、
実際はアメリカやカナダの大学院で必要なテストです。

イギリス・オーストラリアでもGREのスコアを活かせないわけではないですが
必須で課されるケースはまずありません

なので、北米への留学を希望しない限り、GREは受験義務のないテストといえます。


GREのテストの内容

一般のGREには3つのセクションがあります。

1. Verbalセクション

めちゃめちゃx100 難しい英語のテストです!

英語を母国語とするネイティブスピーカー用のテストであるため、
かなり高度な単語力、そして読解力を必要とします。

通常TOEFLで高得点を取得するための単語力は6000~10000語と言われていますが、
少なくてもそのくらいの単語力は最低必要とされます。

実際1万語あってもかなり苦戦することでしょう!


2. Quantitative セクション

数学!内容は中学数学程度!!!

Quantitative sectionの出題範囲は下記の2タイプになります、
全体が20問だとすると、Discrete Questionsが13~14問程度、Data Interpretation Setsが6~7問程度の比率になります。


3. Analytical Writing セクション

TOEFLのライティング27点とっても、最低点しか取れません!!

Analytical Writing といい、直訳すると分析的論述評価となりますが、
つまりある問題に対しての分析能力、

そしてその分析結果を学術的論述形式で執筆する能力が問われています。

問題を分析する能力と、その分析結果を論じることができる能力を両方問われていることになります。



GREで一番大切なこと....


語彙力!!!

どう考えても、Quantitative sectionを含めて語彙力がないと

絶対に歯が立たないです。

みなさんが毎日、気軽に語彙力を増やせるように

こちらのGRE頻出単語をつぶやくツイッターをご紹介します。





僕は今でも復習しています。

本当に語彙は大事ですね!

あなたも一緒に頑張りましょう^^





スポンサーサイト

Category : GRE勉強法
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback

-1 Comments

りょうこ says..."GREについて"
私も元アメリカ大学院生です。
GREはわからない問題はとりあえずBを選んでおくって決めて全部回答すると点稼げますよね。間違ってても25パーセントは当たる確率あるし。
語彙増やすの、私もほんと役立ちました。
2016.01.22 21:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/208-9c75370d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。