QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

グローバルの意味とは

今、ブラジルでオリンピックが開かれていますが

4年後には日本にオリンピックがやってきます。

最近は日本を訪れる外国人も増えて

「グローバル化」について考えることが多くなりました。

8320637_orig.jpg


渥美育子さんというかたのお話を聞いたことがあるのですが

最近またニュースなどに取り上げられていて

彼女の「グローバル」についての考え方には

共感できる点があったので、シェアしたいと思います。


「渥美育子」って誰?ってことですが、


グローバル企業で30年間伝え続けてきた「世界で戦える人材」の条件 (PHPビジネス新書)

という本を書かれていて、

社団法人グローバル教育研究所理事長。株式会社グローバル教育社長。青山学院大学卒。

青山学院大学助教授を経て、ハーバード大学研究員となる。

1983年にボストン郊外で米国初の異文化マネジメント研修会社を設立。

「タイム」誌に紹介されるなど一躍話題となり、数多くのグローバル企業で人材育成や世界市場戦略策定を担当。

2007年に帰国後は、多くの日本の大企業においてグローバル人材教育を担当する一方、

子どものグローバル教育の普及にも尽力している。

超党派政策シンクタンク「国家ビジョン研究会」教育分科会副会長



日本で生まれ育ったものの居心地の悪さからカナダ・英国・米国へ渡り、ハーバード大学研究員を経て米国初のマネジメント研修会社を設立した著者は、「グローバリゼーションという言葉が頻繁に使われるにもかかわらず、日本ではその定義は極めて曖昧である」と指摘する。そこから著者は“グローバリゼーション”の本当の意味について「地球をまるごと一つの単位として見るということ、「地球規模」での視点、発想」と述べている。つまり著者が考える“世界で戦える人材”とは、そういった視点や発想を持った人物なのだ。

 日本を代表する大企業の社員500名に「グローバル人材に必要な能力は何か」というアン ケートをとったところ、ほとんどの社員が「英語力」「コミュニケーション能力」と答えた。しかしこの回答は、“日本人が国際ビジネスとグローバルビジネスの違いを理解していないことの表れ”だという。グローバルビジネスを行う本当の能力とは、グローバルスタンダードを理解したうえで現実の市場を同時に推進し、スピーディーに効果を出す能力のことだ。事業を展開する地域に合わせた対応を身につけ、さらにその考えを現地の人々にも納得してもらえる論理的な説明力が必要なのである。

 世界で競争力を持つ人間になるためには、まず“俯瞰視点“を持つことが大切だと著者は言う。これは、グローバル時代を生き抜くうえでもっとも重要な力である。競争の土俵となる世界全体を俯瞰し、必要とされているものを把握することで戦略を立てるのだ。また、俯瞰視点を持つことで目的達成への行動も早くなると考えられている。俯瞰視点は、「世界のどこに最適な市場があるか」「どの国から輸出をすれば関税がかからないか」といったことなどを判断する際にも非常に役に立つのだ。

 日本人がグローバルという言葉の意味を勘違いする最大の原因として、日本人は日本を通して世界を見るばかりで、外から日本を見る視点が圧倒的に欠けているということが挙げられる。そこで必要となってくるのは、“マルチカルチュラルレンズ”と呼ばれる“相手の立場からも日本/日本人を見ることができる能力”である。現地の人にとって何がプラスで何がマイナスかを知ることで、彼らの文化のレンズを知ることにつながる。国際的な交渉においてこのレンズは非常に大きな効果を発揮し、より高い視点から物事を調整して考えることができるようになるのだ。

 また、日本人の悪いところとして指摘されることが多いのは、「顧客に対しては対応が早いが、企業の意思決定や問題解決になるとスピードが遅い」ということだ。この問題点は国際的にも常識となりつつあり、日本のグローバル化を阻む深刻な問題となっている。原因はいくつか考えられるが、「リーダーシップの欠如」「話し合いによる決定がいちばんだと考えている」「人間関係を重視しすぎる」といったことが挙げられる。世界に後れをとることのないグルーバル化を求めるなら、まずこうした明確な課題から改善していかなければならない。

 著者が“日本人にどうしても身につけてほしい能力”として述べているものがある。それは“「次世代モデル」を生み出す能力”だ。著者の経験上、「今すぐやってみたい」と思えるアイデアを提案するのはやはり日本人よりも米国人のほうが多いという。だが、その違いは頭の良し悪しではなく、単なる教育の問題であるそうだ。世界で必要とされる人材として活躍したいと本気で思うのなら、著者はまず“自分自身がシンクタンクになる”ことを心がけるべきだと言っている。世界に衝撃を与える情報を積極的に取り入れ、画期的なデザインがあれば、それがどのように作られたか関心を持つ。そうしたことの積み重ねが、米国人のような教育を受けてこなかった日本人をグローバルな人材へと変える大きな一歩になるのだ。

引用元:http://ddnavi.com/news/313647/a/


もし「グローバル」の本当の意味を考えてみたい方はこちらの本を読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

TOEFL・アメリカ留学 個人相談会 チャンスはあと48時間で過ぎてしまいます!

今日もTOEFLの学習お疲れ様です!

いつもブログをお読みいただき本当にありがとうございます!!

去年、一昨年、その前の年も留学の準備をしていた私ですが、一つこころがけていたことがあります。

これがなければ、毎日すごく無駄な心配や苦労をしていただろうなと思います。


TOEFLやさらに何倍も難しいGREというテスト、そしてアメリカ大学院留学に必要なエッセイなどの準備をしていた私は、毎日、このままで大丈夫だろうかと、どこかで心配していました。

また奨学金の申請なども、どうしたらいいのか全く分からず、いつの間にか時間だけが過ぎて行きました。

どの奨学金に応募したらいいのか...

準備はどのようにしたらいいのか...


そんな時に自分を助けてくれたのは、助けを求めた人でした。

「天は自ら助くるものを助く」という言葉があります。


これは本当にすごい言葉だなと最近思いますが、一人で黙っていても、天は助けをよこしてくれません。

自分で努力しようとする心があり、周りに自分のことを伝えたり、助けを求める人にだけ天は助けを差し伸べてくれます。


私がとりあえず困っていたのは奨学金についてでした。

通常、留学の奨学金では、まず志望書(エッセイ)で応募者が絞られます。

私は工学部で、エッセイなんて書いたこともなかったため、このままではろくな文章が書けないことはわかっていました。

ですが、とりあえず書いてみて、思考錯誤した後、研究室の超多忙な先生に読んでいただくことにしました。


その教授は超多忙なため、後にして!と言われるかと思っていました。

ダメ元でお願いしてみたところ、意外にも快く読んでくださいました。

待っていると、赤ペンで添削してくださって、文章の基本をわかりやすく教えてくださいました。


そのとき私が学んだのは、やっぱりダメ元でもいいから、人に助けを求める大切さです。

やっぱり、人って自分一人でなんでもできるんだ!

「私は大丈夫。一人でできるから」

って思いがちじゃないですか。



私はそういうタイプの人間で、人は本来自分のことしか考えていないから...

人にたのんだりしたら、人に迷惑がかかるから... いそがしそうだから...

なんて思っていて、人に助けを求めるなんて自分のプライドが...みたいに感じていたんですね。

でもその時の私は、それって「本当にそうなのか?」と思い始めていた時期でした。


しかし、その教授にエッセイを何度も添削していただいた結果...


奨学金の一次選考(エッセイ選考)の結果は見事、一次通過!


本当にその教授にお願いしてよかった!と思いましたし、いまでも本当に感謝しています。

これをきっかけに、私は「人に頼る」ということが実は必要なことではないかと気がつきました。


次に不安になったのは、二次の面接です。

何をすればいいのか、何を説明すればいいのか全くわからなかったのですが、

私の場合は、まず応募しようとする奨学金にすでに応募している人をネットで探し周りました。


その結果、いくつかのブログを見つけたのですが、あるブログにだけ連絡先が書いてありました。

私はすぐさま、その人にメールを送り、面接で聞かれる質問内容などをメールで質問しました。


すると、その方は私のことを気に入ってくださったのか、

「電話かけてきてもいいよ」

とおっしゃってくださいました。

そのたった一つの電話がどんなに助けになったことか...


その方は、面接官がどんなことを求めているか、面接の倍率など、直接お話しできなかったら到底手に入れることのできない情報を与えてくださいました。

もし私が行動を起こしていなかったら...

もし知らないネット上の人に電話をかけるという勇気を持っていなかったら、その貴重な情報を得ることは決してできなかったのです。



さて、先日TOEFL・アメリカ留学個人相談会の開催のお知らせをさせていただきましたが、助けを求めるチャンスはあと48時間しかありません。

ほんの少しの勇気を持って、決断することができたら、これからの%%name%%さんのTOEFLやアメリカ留学の準備が非常にスムーズになる可能性があります。

もし、少しの時間とお金を投資して、TOEFLの悩みがすこしでも解決できたり、実際に点数が大幅に上がる可能性があるとしたら、人に頼った方が効率よくないですか?

この個人相談会は次にいつ開催されるかわからないため、迷ってらっしゃる方は予定をずらしても参加されることをお勧めします。


開催日:3/7(土)

希望可能日程:
1. 10:30 ー 11:30
2. 12:00 ー 13:00
3. 13:30 ー 14:30
4. 15:00 ー 16:00
5. 16:30 ー 17:30
6. 18:00 ー 19:30

開催場所:Brooklyn Parlor (ブルックリン・パーラー)【新宿三丁目駅/新宿駅・東京都新宿区】
アクセス:新宿三丁目駅C1出口から徒歩1分(新宿マルイ アネックス B1F)
参加費:500円+飲み物代
カフェHP: http://bit.ly/1ARsIXe

お願い:
参加の方は、当日に話をしたい、聞きたい内容についての短い箇条書きを
tebby356@yahoo.co.jpまでお送りください。

人数:5人限定!!



残り人数もわずかになっていますので、今すぐに以下のフォームをクリックしてお申し込みください。

http://bit.ly/1M2wxMP


「天は自ら助くるものを助く」

ぜひ人を利用してください。



Brooklyn Parlor (ブルックリン・パーラー)【新宿三丁目駅/新宿駅・東京都新宿区】

すごくオサレなカフェです!!

dajkda.png

adak.jpg




もしかったら友達申請orフォローよろしくお願いします^^

Facebook: https://www.facebook.com/info.exshare

twitter: https://twitter.com/yuuki_toefl100

Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

TOEFLメルマガ講座始めました!

mailmagazineapeal.jpg


私はこれまで、TOEFL教材やTOEFL勉強法、ノウハウなどを教えてきましたが、決定的なものが欠けていました。

・それは、大変なことがあってもめげずに!
・時間がなくても時間を作って!
・最後まで努力し続けるマインドの提供です!!

多くの人はいくら優れた教材や勉強法があっても、途中でやめてしまいます。

それは日々時間に追われてしまったり、

結局、楽な自分の勉強法にいつの間にか戻ってしまったり、

継続できないことが原因でTOEFLで成果が出ない人が多いということを学びました。

「だからこれからは、TOEFL学習に対する考え方を提供して皆さんにTOEFLで成功してもらいたい!!」

このメルマガ講座では、あなたがTOEFL iBTで100点もしくはそれ以上を達成するための、心得をお教えしていきます!

【第1回】成功への第一ステップ

【第2回】TOEFLで成功できる人とできない人の違い

【第3回】これができればTOEFLいや、人生で成功する!

【第4回】私からの衝撃告白!

【第5回】最短で目標達成するための方法

【第6回】受験者みんなが囚われている...

【第7回】ロールモデルがなぜ役に立つのか

【第8回】「今年も良い年になればいいな」が危険な理由

【第9回】TOEFLもベイビーステップで!

【第10回】「失敗」の受け取り方ですべてが変わる1

【第11回】「失敗」の受け取り方ですべてが変わる2

【第12回】 TOEFLひとりで苦しんだ方が負け!

どんどん更新!!

このメルマガは全メールもちろん「無料」です!

読者登録はこちらをクリック!


メールの内容は、TOEFLだけではなく、

他の目標達成でも役に立つ知識です。

時間があるときにメールに目を通すくらいで大丈夫ですので気軽にご参加ください。

Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

使える日用品!BackJoyとiPhoneグリップ


どうも〜!

いつもはアメリカ大学院留学やTOEFLなどに役立つ情報を書いていますが、
今日は息抜きに使える!と思った日用品について話したいと思います。

突然ですが、以下のうちあなたはいくつ当てはまりますか?

・職場・学校や家で座っていることが多い

・肩や首が凝っている

・座っていると腰が痛い、違和感がある

・長時間運転することが多い

・猫背である

・姿勢が良いね!とは言われたことがない

当てはまる項目が多い人ほど、これから紹介するものの効果が高いかも!


【座るだけで自然と姿勢が良くなるBackJoy】



これ僕最近買いました!

そしたら何も意識しなくて、姿勢が良くなるので、

ちょっと高いのですがかったかいがありました!

普段そうとう姿勢が悪かったんでしょうね、

これを使って座ってたら背中の筋肉が使われてる〜!!って感じですw





< 動画の内容のまとめ >

・産業革命前、人類はほとんどの時間を立って過ごしていました。
しかし....
現代人は1日平均9.6時間を座って過ごします。

 →これは人生のうちの平均31年を座って過ごすということです。

・悪い姿勢は良い姿勢と比べて背骨に40%余計に付加がかかります。

・姿勢が悪いと、疲れて見えたり、太って見えたりします。

・10人に3人は慢性腰痛に悩むことになります。

・Sit Better -> Look Better -> Feel Better -> Live Better 姿勢を変えて、人生を変えましょう。


ちょっと高いですが、健康と生産性向上のための投資でしょう!

僕も今後PCの前にいることが多くなりそうなので、

ほんとに買って良かったと思ってます。

というか、何でもっと早く買ってなかったんだろ...

BackJoy Amazonはこちら!

腰への負担を減らすバックジョイプラス



Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

夢を叶えるTOEFL攻略本 50%OFFキャンペーン実施中!

残り時間もうわずか!!


2014年12/31までの半額セール!!

苦しかったTOEFLから「着実に進む」TOEFLへ!

ebook.jpg

あなたに効率的なTOEFL勉強法の全てをお教えします!

あなたはどうやってTOEFLを勉強したら良いか迷っていませんか?

教材はかったものの、手がつかなかったり、成果が出なくてあせっていませんか?

そんなあなたにゴールまでの階段をお示しします。


この本を読むとどうなるのか?

 ・90%のTOEFL受験者が知らないTOEFLの採点法がわかる!

 ・TOEFLの勉強時間を少なく、効率的にすることができる!

 ・高得点が狙えるスピーキング/ライティングテンプレートが手に入る!

 ・スピーキング&ライティングで10点を左右するメモの取り方がわかる!

 ・独学で高得点が取れるスピーキング勉強法がわかる!


TOEFLで目標点を取った将来のあなたを想像してください!

正しい勉強法を知れば、その瞬間をいち早く手にすることができます!

しかも今なら半額!!


NennmatsuSale.png

でも本当に買うに値する本かどうか心配....

ですよね!

でもこの本は試し読みOK!

  詳しくはこちらをクリック!


Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。