QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

ブログアンケート

当ブログについてのアンケート実施中!

printed-form--opinions--questionnaire--yes_3300724.jpg



心優しい方はどうぞご協力ください。 どうぞよろしくお願いします。


<方法>

①以下の質問を読む
②下のコメント欄、右のメールフォームに質問の答えを書く
 tebby356@yahoo.co.jp にメールで送っていただいても結構です。


答えたいところのみでのご回答でもよろしいので、どうぞよろしくお願いします。


[設問1]
「アメリカ大学院留学志願」を読んでよかった点や勉強になった点があればご記入ください。




[設問2]
よくなかった点、説明不足な点があればご記入ください。




[設問3]
TOEFL・GRE・大学院留学について、もっと知りたいことがあればご記入ください。




[設問4]
その他ご不明な点や意見などがあればご記入ください。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさんのご回答お待ちしております。


スポンサーサイト
Category : 自己紹介
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

私の英語ストーリー

私は中学一年生のころ、英語下手なのに勢いで英語スピーチコンテストに立候補しました。

先生の前で他の生徒と順番に教科書の音読をさせられました。明らかに私が一番へったくそでした。

他の人はスラスラまたは元気よく読んでいたんですが、私はなんで自分が立候補したんだよってくらい詰まってました。



それから私の猛勉強がはじまりました。

教科書の音読はずっと欠かさずやりました。単語も調べて暗記しました。

英語を勉強しているうちに次第に好きになりました。

オーストラリア出身のALTの先生と仲良くなり、中学3年の時にオーストラリアにホームステイしました。

Australia, Lismore-SIT-AUL 057-Students spelling Australia-Colin Grigg


高校は進学校に進み、英語の勉強法の本を読んで、高校では英英辞書を使って勉強しました。
(音読もずっと続けました)

まじめに英語に取り組むうちに、英語では学校で1番になりました。

英検では一つ上の先輩が受ける英検2級を合格し、高校3年生で英検準1級をとりました。センター英語は9割。


大学はアメリカやオーストラリア大学に進みたかったのですが、経済的な理由で断念しました。

その後、大学でアルバイトで交換留学資金をためて、アメリカに交換留学で1年行ってきました。


oval.jpg



アメリカではいつもアメリカ人と時間を共にしました。そこでアメリカで恋人も作りました。

今は日常会話は全く問題なく、もちろん洋画の字幕は必要ありません。

最近TOEFL ibt 100点を取り、大学院留学でまたアメリカに戻ります。



あなたは本気で失敗したことがありますか?

本気でくやしいと思ったことがありますか?

英語を本気で努力して習得する覚悟はありますか?



英語が凄く苦手だった人が、洋画を字幕なしで理解できたり、英語を母国語としている人と普通に会話できるようになった人はいませんか?

→山ほどいます。いますが、あなたがそうなるかはあなた次第!


みなさんも英語学習がんばってください。 長文失礼しました。

Category : 自己紹介
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

大学生活を振り返って

気がつくと残りの大学生生活が4ヶ月となり、少しこれまでを振り返ってみようかと思います。

私は、田舎の国立大学の工学部4年生です。


・大学受験

私は英語が得意だったので、英語を使って何か専門的なことをしたいと考えていました。

(通訳のように英語のみを使う仕事ではなく、英語+αの何か専門分野)


それをするためにはアメリカの大学に通うのが一番だと思いました。

ほんとうは学部からアメリカの大学に行きたかったのですが、

高額な留学費用が主な理由で、大学院から留学することにしました。


大学受験時にはアメリカの大学いけなかったので、

大学受験の士気も落ち、日本の大学なんてどこだって同じだろうなんて

高校生なりのの甘い考えで、費用のかからない地元の大学に進みました。


今考えれば、有名大学に行ってた方が有名な先生が多く、研究設備が整ってることが

多いだろうし、周りの生徒の質も高かったろうと思うので少し後悔ではありますが、


地元に残ったからこそ短期留学の費用を自分でまかなえる位の貯金ができ、

奨学金がもらえる確率が高くなったのかなとおもいます。


・大学生活


大学1-3年は大学で良い成績を維持し、塾講師のアルバイトをこなすこと

(交換留学資金をためるため)しか頭にありませんでした。

とりあえず海外に行ってみたい、外に出て勉強したいということだったのでしょう。

趣味でフランス語を勉強してフランス語検定3級をとったりしましたが。




・大学生活でやっておけば良かったこと


ただ失敗したと思うのが、自分の将来の専門分野について深く調査をしたり

考えたりしていなかったことです。


大学で勉強するうちに専門分野なんか興味あるもの見つかるかな、

とりあえず研究やってみないとわからないや、なんて考えていました。

これは正直あまかった。今考えれば、やはりサイエンスやニュートンなどの雑誌を

少しずつ読んだり、ちょっと興味を持ったことを深く調べて見たりとか、

もっとするべきだったのかなと思います。そうしたらもっと大学院留学で

アピールする内容も増えただろうし。


結局大学院行くっていうことで大事なことって専門分野ですから。

私はこういうことがやりたいんだ。だから今までこういう勉強してきた。

将来はこうしたいっていうことが一番大事なのであって、

そういうことを大学院側は求めているんだということがつくづく最近になって

わかります。



他にも失敗したなと思うのは、交換留学については、交換留学先でもっと勉強して、

良い成績を納めるべきだったとつくづく思います。 

アメリカ人とずっと一緒に過ごしていたので、英語はかなり上達したんですが、

もう毎日楽しくて、勉強はいつでもできるけど、この体験は今ここでしかできない

と思って、頭ではわかっていたんだけど、半ば軽視してたからな。

あー、なんで生物の授業取ったんだろw

まあ、数学の授業はちょー簡単だったし、化学系の授業がかなり少なかったということなんですが。


そういえば、もう一つ。もっと先生の所に質問行ったり、研究室を見学させてもらったりして

積極的に先生達に自分を知ってもらう、先生達のことを知る機会を作れば良かったと思います。

ぜんぜん行動力がなかったということを後悔しています。


ということで、 

これから大学、もしくは大学院留学を目指す方々には同じような失敗はして欲しくないと思います。

次は、大学院留学のメリットについて書きたいと思います。


Category : 自己紹介
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

自己紹介

こんにちは! このページ writer の梅田孝義です。
 
アメリカの大学院留学に現在出願中の国立大(理系)大学生です


このブログで書いていること

・大学院留学について

効率的なTOEFL勉強法

・私のGRE勉強法

・アメリカ生活

・その他諸々


ところで皆さんは

「もっといろんなところに行ってみたい!」

「もっと外国語できたら良いのに!」

と思ったことないでしょうか?


las_vegas_strip-wallpaper-1600x900.jpg

(私、1年交換留学した際にVegasに行ってきました!とても楽しく華やかな街でした。ほんと映画のなかにいるみたい。笑)


私もそんな1人です。

私は中学生のときにオーストラリアに行ってから、世界のいろんなところにいってみたい!

と考えるようになりました。


それから学校に頼らず英語を勉強してきました。英語だけではなく,英語を使って何か役に立つことをしたかったので、

地方国立大学の工学部に進み、今はアメリカの大学院に留学するため勉強中です


afternoon_at_the_chateau-wallpaper-1366x768.jpg

そのためには、まずは TOEFL ibt,GRE,奨学金申請など をクリアしないといけません。TOEFLやGREの勉強過程・結果と普段の日記などを含めアップしていきます。


きっと海外に目を向けると、日本が違って見えると思います。

それに知らないことを知る、行ったことがないところで生活ってエキサイティングですよ!!

また国籍を超えた体験、交流が自分を成長させてくれると思います。

これからもっとたくさんの留学生仲間が増えると良いなと思っています。

なので、お気軽にコメントやメールをください。


このブログは、私の大学院留学への道や、英語の勉強法,

どうやって私がTOEFL103点を取ったのか

についても細かく書いていますので、

これから TOEFL や GRE を受ける、これから留学をするという人に役立てば幸いです。



Thank you for your reading !

Category : 自己紹介
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。