QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

アメリカ理系大学院 出願結果1

こんにちは!今日はアメリカ大学院への出願結果について報告しようと思います。

もう5月半ばを過ぎてしまったので、正直まだ結果でないのかよともしかしたら思われていた方もいるのかもしれません。

そんな方がいらっしゃったら、読んでいただきありがとうございます!!


それで結果なのですが、6校出願して、4校から返事をすでにもらいました。

(つまり、2校からは問い合わせても返事がもらえていません。
決まったらメールもしくはアップロードするから待ってろしか言ってくれません。
こっちの都合もあるというのに....)


途中結果

University of Texas : 不合格

Pennsylvania State Uni :不合格

University of Wyoming :不合格

West Virginia Uni :不合格

がっくり...


残りの二つを祈るばかりなのですが、これだと危ないかも。

私が考える敗戦続きの原因は、

①交換留学時代の低いGPA

②GREがパッとしない

③エッセイも(おそらく)パッとしない

④そもそも専攻を変えるので、その分野の経験がない

⑤TOEFLの名前がなぜかアルファベット1文字欠けていた!←致命的かも
ある大学からは、審査がまだだったためあちらが訂正してくれましたが、他の大学はどうなったかは不明

⑥学費免除+TA/RAがないと進学はできないという欄に〇をつけた



大学院ランキングのハイレベルな大学ばかりに応募したわけではないので

6校中1校は受け入れてもらえるかな?と思ったのですが、雲行きが怪しくなってきました。

いくつか致命傷になるようなミスも犯してしまった部分があり、これから大学院留学のために出願する人達はこれから気をつけてくださいね!

とくにTOEFL/GREなどは名前をしっかり確認して登録、そして点数取得後は早めに大学に送ってください!
送っても受け取ってくれない、届いていない

知り合いの知り合いの人達の中には、大学が始まる1ヶ月くらいに合格の連絡が来たということがたびたびあるようです。

そのパターンにかけるしかないようですね。



もしダメだった場合に備えて考えていましたが、様々な理由があり、就職する選択肢を取ることにしました。

就活時期はすでに後半ですが、キャリアフォーラムが一つの狙い目です。

業種は製造・化学工学系です。エネルギー分野にも興味があります。

海外に拠点がある企業がいいなと思っています。

交換留学の時から付き合っている彼女がアメリカ人なので、日本である程度経験を積んだ後

(もし結婚すればの話ですが)アメリカで職を探すのも選択肢の一つかなと考えてはいます。

アメリカではShale Gas/Oil が出て、テキサスやオクラホマではChemical Engineerはかなり仕事があると聞いています。

まあ、もしダメだった場合ですが。

人生は思った通りに行かない、壁にぶち当たるということもあるので、柔軟に考えて行こうと思います。

もし仕事のお話しがあればぜひコンタクトください、よろしくお願いします!


残りの結果が来たら「アメリカ理系大学院 出願結果2」として記事にしたいと思います。





スポンサーサイト
Category : 大学院留学
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

アメリカで日本人の男はモテるのか?!

前に「アメリカで日本人の男はなぜモテないのか」とモテナイ理由を書いたのですが、

今回の記事では、偏見の少ないアメリカ人の女性に対して日本人の男のプラス面を書いていこうと思います。

※アメリカで一般的に日本人はモテるということではありません。

詳しくは前の記事を参照ください。

前の記事: 日本人の男とアメリカ人の女


さて早速!

(偏見の少ない)アメリカ人女性から見た日本人男性のプラス面は?


・肌がきれい

黄色と馬鹿にされることもある肌だけにびっくりですが、肌については結構評価が高いです。

アメリカでは適度に日焼けしているのがいいとよく思われています。

日本に興味のあるアメリカ人の女性に聞いてみると、

私よりも日本人の男性の肌の方がきれいだ、うらやましいという声も結構あります。



・黒目がいい(人による)

欧米人はにとっては黒目は珍しいので、黒い目がセクシーだと思う人もいるようです。



・髪型がいい

アメリカ人の男は短くて似たり寄ったりな髪型をしています。

アメリカ人の男は髪型にそんなにこだわりがない人が多く、

たいてい(長さが短い)パターンが決まっているので髪を切りに行ってもすぐに切り終わってしまいます。

それに比べ日本人の男はすこし長く、スタイリッシュな人が多い

黒髪もセクシーだと思う人もいます。

日本に興味がある外国人の女性の間では日本人の男性は色を染めないで!

黒髪の方が魅力的!と思っている人の方が多いようです。

ただ、ビジュアル系が好きな人はワックスでツンツンしているのがかっこいいと思うようですが、

ツンツンしてない方がいいという女性もいるようです。

アメリカ国内では男がワックスでツンツンしたり、しょっちゅう髪型を直したりしていると

ゲイだと思われる、場合によっては馬鹿にされるのでよした方がいいと思います。


・毛深くない

まあ、欧米人は毛深いですよね。人によっては胸毛などが特に嫌いだという人もいます。

日本人は胸毛がない人が多いので、その点はいいと捉えるアメリカ人女性もいるようです。



・Cuteな顔の人が多い

日本好きなアメリカ人女性にとって日本人男性の顔はCuteと捉えられる事が多いようです。

(もちろん人による) Cute = かわいい なので日本では女性に使う言葉と捉えられがちですが、

日本語で言う「甘い顔立ち」と表現するといいのかな?と思いました。

かわいいというよりも、ごっつくなくて、甘い整った顔立ちという感じでしょうかね。



さあ、以上は見た目(LOOKING)でしたが、今度は内面性格についてはどうなのでしょうか?

なぜこれらの点で日本人の男がプラスになるかというと、

日本人の男がアメリカ人の男にない特徴を持ち合わせているからです。

これらを理解できるようになるためには、アメリカ人の男性の特徴も知っている必要がありますね。

典型的なアメリカ人みたいな人は、

紳士的で、男らしい、おもしろい、フレンドリーという良い面と

自分の国が一番(他の国には興味がない)

男らしくないやつは弱虫でゲイだ、などと考えていることが多く、

人格差別的で、(アジア人に対してはチンチャンチンなどと中国語の発音がそう聞こえるので馬鹿にしたりする)

おんなったらし、考えていることはフットボール、パーティ-とSexだけ

などというよろしくない面も垣間見られます。

注意:全てのアメリカ人らしいアメリカ人男性がこうではありません!

ですがこういう面を持っているアメリカ人男性が多いのも事実


こういったアメリカ人男性のよくない面にうんざりしているアメリカ人女性がいることもまた事実

ですので、偏見の少ないアメリカ人の女性には以下の日本人男性の特徴がプラスになることもあります。


・礼儀正しい

ご飯食べるときは「いただきます」

ごちそうになったら「ごちそうさまでした/ありがとうございました/片付け手伝いましょうか」

「何か手伝えることがあったら教えてください」

こういった一つ一つの言葉や行動ですかね。



・人のことを考えられる

ドアを開ける、重いものを女性に持たせないなどというのはアメリカでの習慣ですから、

それ以外の「やさしさや思いやり」がプラスだそうです。

日本ではあたりまえでもアメリカではやさしいと捉えられる事がきっとたくさんあるのだろうと思います。



・花が美しいと捉える心を持っている

アメリカでは若い男が「さくらがすごくきれいだね!」「ひまわりがきれいだね」なんて言ったら

他のアメリカ人の男友達にゲイだとすぐ馬鹿にされるのが落ちですね。残念ながら。

これも男は男らしく、花は女のものだという考えからきているのでしょう。

男でも自然をきれいだと思ったり、花が美しいと思ったり、

なんていうんでしょうか、繊細な心といったほうがいいんですかね

そういったところも評価できるのかもしれません。



・SEXだけを考えていない印象

まあ、男だからそれを全く考えていない人はいないと思うんですが、

真剣な付き合いをしたい場合に、デートの回数も少ない時点でそれに走るのはNG

そこは日本も外国も同じなので注意してください。

アメリカの女は尻軽だという思い込みはちょっと危険。

仲良くなってきたら女の人もサインのような行動を取ると思うのでそれを読み取って!

ってことですかね。


ここまで読んでいただいてありがとうございました。

これらの記事を通して日米の恋愛事情にすこしでも知ってもらえたらと思います。

何か質問があればコメント欄にコメントしてください。


もっと日本人の男とアメリカ人の女の恋愛について知りたいという方は

下↓の英語のブログを読んでみてもいいかもしれません。

Texan in Tokyo


Category : アメリカ生活
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。