QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

GREやGMATに困っている方のために

こんにちは。

今日は私がアメリカに大学院留学の準備をしていた時のことを思い出していました。

アメリカの大学院留学には必ずGREという馬鹿みたいに難しい試験を受ける必要があります。


日本にはセンター試験という試験がありますが、アメリカでは同じようなものにSATという試験があります。

GREはSATの大学院受験版です。

日本の大学院受験では、見られることはほとんどありませんが、

大学院受験の際には留学生であってもTOEFLと共に提出義務があるところが多いです。

GREは大学院一般、GMATはMBA受験の際に必要です。



まずは知名度のあるTOEFLと比較してみましょう。


TOEFLテスト
対象: 非英語圏の出願者
難易度: 易しめ より高度
目的 大学院の講義に充分な英語力があるかどうか


GREテスト
対象: 全出願者(ネイティブ含む)
難易度: より高度
目的: 学術的知識を問い、受験者の優劣をつける
GREは受験者の基礎的学力を測る学術試験です。



GREテストの認知度

GREは世界規模のテストということにはなっていますが、
実際はアメリカやカナダの大学院で必要なテストです。

イギリス・オーストラリアでもGREのスコアを活かせないわけではないですが
必須で課されるケースはまずありません

なので、北米への留学を希望しない限り、GREは受験義務のないテストといえます。


GREのテストの内容

一般のGREには3つのセクションがあります。

1. Verbalセクション

めちゃめちゃx100 難しい英語のテストです!

英語を母国語とするネイティブスピーカー用のテストであるため、
かなり高度な単語力、そして読解力を必要とします。

通常TOEFLで高得点を取得するための単語力は6000~10000語と言われていますが、
少なくてもそのくらいの単語力は最低必要とされます。

実際1万語あってもかなり苦戦することでしょう!


2. Quantitative セクション

数学!内容は中学数学程度!!!

Quantitative sectionの出題範囲は下記の2タイプになります、
全体が20問だとすると、Discrete Questionsが13~14問程度、Data Interpretation Setsが6~7問程度の比率になります。


3. Analytical Writing セクション

TOEFLのライティング27点とっても、最低点しか取れません!!

Analytical Writing といい、直訳すると分析的論述評価となりますが、
つまりある問題に対しての分析能力、

そしてその分析結果を学術的論述形式で執筆する能力が問われています。

問題を分析する能力と、その分析結果を論じることができる能力を両方問われていることになります。



GREで一番大切なこと....


語彙力!!!

どう考えても、Quantitative sectionを含めて語彙力がないと

絶対に歯が立たないです。

みなさんが毎日、気軽に語彙力を増やせるように

こちらのGRE頻出単語をつぶやくツイッターをご紹介します。





僕は今でも復習しています。

本当に語彙は大事ですね!

あなたも一緒に頑張りましょう^^





スポンサーサイト
Category : GRE勉強法
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback

アメリカの食生活で気をつけたいこと

こんにちは。久しぶりになってしまいましたが、

今日はアメリカの食生活についての記事を書いてみたいと思います。


日本でもベジタリアンという言葉が浸透しましたが、

Vegan はまだまだ聞いたことがありませんよね?


ベジタリアンは肉を食べないですが、牛乳や卵は食べます。

Vegans(ビーガン)は、牛乳も卵も食べません。

肉も牛乳も卵も食べない彼らは、かなり頑張って
特別な穀物などを食べて栄養素を取らないと、死んでしまうらしいです

なぜそこまで厳密にやる必要があるのかww
は置いておいて、


実は今日は東京にあるビーガンのための

肉も卵も牛乳も使わないレストランに行ってきました!

アインソフ ソア (AIN SOPH.soar)
008e02e607026f0b121bdf844eb4e20c.jpg


入って驚いたのは、女性の率w

9割以上が女性、店員さんも全員女性w


肉が大好きな男性は、東京としては広い店内の中で

入った時は私ひとりだけw

最終的には週末のお昼の賑わう時間で、

私を含め3人のみでしたw

肉も魚も牛乳も卵も使わない味はどんなんかと思ったのですが、

料理はこんな感じで↓
fc2_2014-02-25_16-48-18-020.jpg

思ったより結構お腹いっぱいになりました!

アメリカ人の女の子と行ったのですが、

やはり話はアメリカでの食生活の話に。。


ふつう、日本のスーパーでは同じような食品があったら、
やっぱり安いものに手が伸びやすいと思います。

すごく正直に言うと、大抵の人は中国産でなければ
そんなに変なものは入っていないんじゃないか

なんて思っていると思います。


でも.....

その感覚でアメリカで買い物をすると、

非常に痛い目にあう!!!

かもしれません。



アメリカにはすごく安いスーパーがあります。


WALMART-DFR-082213-7_40880253.jpg


とかいう何でもかんでも揃ってしまう、

馬鹿でかいスーパーがあるんですね。

アメリカでは有名ですが、このスーパー、

安いけど、とてつもなく質が悪いんです。


特に「肉・生鮮食品

一つの例として私たちがよく食べる
チキンや卵についてお話ししていきます。

卵は私たちが毎日のように食べる食品ですが、

日本では6個で150 ~ 300円くらいしますよね!


アメリカでは最安値で12個で99セント、だいたい120円くらい
で販売されるものがあります。

eggs のコピー

日本の1/2の値段ですからものすごい安いです。

でもこういうやっすい卵を産む鶏が


どうやって育てられているか知っていますか...?


こんな感じです↓


chicken.jpg

2015-3-foodphoto-chicken-ph5-WB.jpg



いくら鶏といっても、これはひどすぎですよね!!


もしかしたら、これを見て何も感じない人もいるかもしれませんが、


でも「衛生面」ですごくやばいです。

あなたは満員電車の中で一生生活できますか???

写真を見ればわかると思いますが、

鶏にとっては、満員電車に暮らしているも同然です。

「もちろんトイレやご飯を食べるところも満員電車の中です。」


もし一匹が悪い菌を持っていたとしたら、

瞬く間のうちにすべての鶏に映ります。


またこんな狭いところに押し詰められたら、
ストレスも半端ないはずですよね。


これだけでも大変な事ですが、
まだあります。


ある鶏農家は

「鶏に成長ホルモン、(筋肉を育てるための)ステロイドを与えています!」

すべて安く買ってもらうための戦略です。


だからアメリカでは安いものをすぐに買ってしまう事をおすすめしません。

すべてではないですが、気をつけないと知らないうちに

あまり体に良くないものを口に入れていた可能性があります。


ヨーロッパや日本では禁止されているものも、

アメリカでは許可されている化学物質などもたくさんあるので、

ぜひ気をつけてみてください。


ちなみに、オーガニックな化学物質を使わない餌を与えているチキンの卵は、

12個で、1ドルの代わりに、3ドルくらい。

広いスペースを与えられて育てられた、オーガニックなチキンの卵は、

7ドルくらいするそうです。
(800円くらい)


もし時間がある人は、

アメリカの食生活の真実を映し出すドキュメンタリー映画

Food Inc
https://www.youtube.com/watch?v=EKqdL7A_aUI

を見てみてください。

チキンについてのところは、開始 8:00くらいからです。


別にベジタリアンになって欲しいわけではないですがw

どこにいても健康に生活していきたいですね。

Category : アメリカ生活
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。