QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFL Writing ライティング 表現

TOEFL Writing ライティング 今日はいろいろな表現を紹介!

作文には新しい内容の文章を始めたり,つなげたり,補足したり,文を対比したり,

言い換えたりすることが多々あります。 そういうときに使える表現を紹介します。

こういった表現を覚えて使えるようにすることで、書いてるときにちょっと詰まってしまう

ということがなくなります。


・補足する

And だけでなく色々な表現があります

Furthermore, Moreover, In addition, Also,




・対比する (しかし)

However, On the other hand, Neverthless,

Although/though, While, In contrast,




・結果(ゆえに)

So だけでなく...

Therefore, Thus, Consequently, As a result, Hence,




・言い換え

That is, In other words, Namely,





・文の構成に使える表現


First,
Second,
Third,

Firstly,
Secondly,
Thirdly,

My first opinion is that ~
My second assertion is that ~
My third assertion is that ~

1,2,3って並べるのも良いんですけど,それじゃあちょっと芸がないんですね
なので,

First reason is that ~
The next reason is that ~
The last reason is that ~


とかって言う方がちょっと知的。

また、First を使わずに言うなら

例えば間違っているポイントが3つありますよとか言った後

To begin with, To start with, (まず初めにね..)

みたいな感じにいうこともできますよね。



結論の部分では、

In conclusion, To conclude,

In brief, In sum, To sum up, Considering all of the above,

I would like to conclude by saying that



などという表現もあります。

色々な表現を覚えることで、作文の幅が増えると思います。

みなさんのご参考になればと思います。


TOEFLリーディング攻略法

スポンサーサイト

Category : TOEFL勉強法
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/103-a46512ab
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。