QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

日本人の男はなぜアメリカではモテないのか(2)

前のページで、日本の男性はアメリカに行っても、アメリカ人の女の子からは恋愛対象

として見られにくいと言いました。そしてその例外について先に述べました。

今回はその理由を書いていきます。


1.アメリカ人女性は体が大きい、がっしりした、守ってくれそうな男が好き

getty_rf_photo_of_two_guys_lifting_weights.jpg

この理由は、アメリカでは治安もわるいし、変なやつがいっぱいいるので、
そういう興味のない男から守ってくれるということ。

まあ,それから自分にはない物を持っているということもあるでしょう。
そして、アメリカの女性って日本の女性よりもちろん大きいので、

自分より小さい男っていうのは魅力が低いのでしょう。
これは日本人の女性にしてもある程度共通かと。

裏向きの理由(これは本能であるかもしれないし、もしかしたら意図的かもしれない)
男性の「アレ」のおおきさ。

アメリカ人女性が考える「アレ」の魅力的な大きさが日本人女性が魅力的とする
大きさよりも大きいということなのでしょう。

体の大きさ,体格の良さ(デブではない)は「アレ」の大きさに関連がある。
そして体が大きい方が女性にとって魅力的であるという論文も出ています。

(参照:http://www.pnas.org/content/early/2013/04/03/1219361110.full.pdf)

この論文では、女性の好みから小さい男は淘汰されてきたとまで結論づけています。

こういった情報はアメリカでは意識しなくてもテレビでやってたりとかしました。


少なくとも,アメリカ人の女の子に聞いても、体は大きい方がいいというので

そこは一般論として本当だと思います。



2.英語はきちんとしゃべれないと恋愛対象にはなりにくい。

これはあまり説明が要らないかも。意味不明なやつとは誰も付き合いたくないでしょう。

日本語を学びたいと思っているひとならもしかしたら別かもしれませんが、

フランス語,スペイン語,イタリア語などと較べると日本語は

かなりマイナーなので、日本語学習者は比較的少ないですしね。

求める英語のレベルというのは人によって変わるでしょうが、

会話に全く支障がない,もしくはネイティブレベルでしょうね。

良いところでジョーク,気の利いたことが言えるというのもポイント
になるかもしれません。


3.アメリカ人の女の子には、ほっといても男がよってくるので、

(かわいい子は特に。 ただ多くの男は、うざいと思われて終わりか友達どまり)

わざわざ日本人を相手にするという必要性がない。

日本人が日本人の異性を探すみたいに
アメリカ人ならアメリカ人の男をさがすのが一般的でしょう?


4.日本人の彼氏を両親に紹介したいかという問題もある。

これはその家庭がどれくらい Open minded なのかということでもある。

アメリカでは彼氏彼女はすぐに両親に紹介するのは一般的。

たとえば一緒に食事するとか。 紹介が遅れるのは親子の距離があるか、

なにか紹介しづらい理由があるかですかね。

(親が過保護・超保守的とか、彼氏が外国人であるとか)

親の方としてみれば、この男は将来どうするのか、どの程度本気なのか

という品定めをしたいですからね。ここでもちろん英会話力は必須。

そういうめんどくさいことをさけたいと思う女の子だったら

わざわざ問題に飛び込むこともないですしね。特別な理由がない限り。



5.そもそもアジア人に対する理解がない

西海岸やニューヨークなどの大都会は自由な空気があるということなので、

僕はよくわからないのですが、アメリカ中央や保守的な考えが根強いところ

では、アジア人に対する理解があまりない、(偏見すらある)ので難しい

ということもあります。

普通のアメリカ人は日本人か,中国人か,韓国人か見分けなんか付かないので

日本人=アジア人≒中国人という偏見をくらいます。

アメリカにいるアジア人って、確率的にたいてい中国人なので。

留学生に興味がある人でさえ、韓国人に中国語を話すんでしょと聞くくらい

アジアについてはまったく知られてない。 

これはアメリカの小中高の教育レベルの低さが1つの原因かと思われます。


蛇足

アメリカ人の友達に聞くと、麻薬が普通に手には入る環境や

ゲイ・レズのパーティーなどが横行したり、アジア人グループ
プレッピーガールズのグループ,体育会系グループ,オタクグループなど

グループができていて、グループ外の人と一緒に何かしたりすることは
ほとんどないと聞いています。

ということで小中高の教育環境はあまり良くないようです。
それが貧しい人が多く住んでいる地域になると悪化の一途らしいです。

アメリカの公立の小中高は無料ですが、私立の学校や、カトリックスクール
などでは状況が良いようです。

お金のある家庭だけが、もしくは献身的なクリスチャンの家庭が多いからでしょうね。



6.日本人のシャイな部分や草食系な部分もアメリカ人女性にとってはかなりマイナス

「男は男らしく」 Be A MAN!! なアメリカにとって、男がアプローチするのは当然

たとえ体が大きくても、がんがん話しかけなければ、出会いはありません。

(アメリカ人の女性は、声かけてくるのはDouchebags(超サイテ-な男)ばかりで
ほんとに性格のいいひとに巡り会わないのよねーとか言ってる人もいます)

また頻繁な愛情表現や、女性を褒めたり感謝したりする言葉を言わないのもマイナス。

日本が好きで、日本1年留学に来たアメリカ人の女の子で、日本の男子は
全然アプローチしてこないし、なんかドンドン話しかけてきたと思ったら
彼女がいたりとかしてもう嫌だとか言ってました。

また、髪の毛や眉毛を薄くしてきれいにしたり、日本ではファッショナブルで
イケテル服装もすこしでも女っぽかったりするとゲイだ!と言われます。

アメリカでオレはお肌のことも気にしてるんだとか言ったら、
100%ゲイと勘違いされます。


最後に、ここまで否定的になってしまった日本人男性にも
アピールポイント、アメリカ人男性にはあまりない良いところだって
あるんですよといいたい。
例えば、誠実さ・まじめさ・優しさであったり、モラルの高さなど


まあ、ということで、蛇足したりして、つい長々と書いてしまいました。

日本人の男がなぜアメリカでモテないのかの例外を読んでない人は↓をどうぞ

日本人の男がなぜアメリカでモテないのか(1)


スポンサーサイト

Category : アメリカ生活
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/107-e6fbd210
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。