QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

感謝祭 Thanks giving day

感謝祭 Thanks giving day

wikipedia
アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつ。
Thanksgivingと略称されたり、あるいは七面鳥の日
(Turkey Day)と呼んだりもする。

由来

感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地に移住したピルグリム・ファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。

ピルグリムがプリマスに到着した1620年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、翌年、近隣に居住していたインディアンのワンパノアグ族からトウモロコシその他新大陸での作物の栽培知識の教授を得て生き延びることができた。

1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待して、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。


今年はその感謝祭が11/28/2013です。

Thanks giving dayが近くなると学校も5日くらい休みになります。

毎年この時期になると大学生はこの日のために実家に帰り、家族と一緒の時間をすごすというのが恒例です。


基本的には家族で時間を過ごし、おいしいものをたらふく食べ(そして太り)テレビでフットボールを観戦してすごす休暇です。

なのでアメリカの家族が留学に行っていた人たちは、この休日をホームステイ先で一緒にすごすか、旅行に利用するかどちらかでしょう。

熱心なキリスト教徒の家ではこのようにお祈りしてから頂きます。

thanks giving day -


次の記事では Thanks giving dayのメインであるおいしい料理について書いていきます。

スポンサーサイト

Category : アメリカ生活
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/132-61b3b507
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。