QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

私の英語ストーリー

私は中学一年生のころ、英語下手なのに勢いで英語スピーチコンテストに立候補しました。

先生の前で他の生徒と順番に教科書の音読をさせられました。明らかに私が一番へったくそでした。

他の人はスラスラまたは元気よく読んでいたんですが、私はなんで自分が立候補したんだよってくらい詰まってました。



それから私の猛勉強がはじまりました。

教科書の音読はずっと欠かさずやりました。単語も調べて暗記しました。

英語を勉強しているうちに次第に好きになりました。

オーストラリア出身のALTの先生と仲良くなり、中学3年の時にオーストラリアにホームステイしました。

Australia, Lismore-SIT-AUL 057-Students spelling Australia-Colin Grigg


高校は進学校に進み、英語の勉強法の本を読んで、高校では英英辞書を使って勉強しました。
(音読もずっと続けました)

まじめに英語に取り組むうちに、英語では学校で1番になりました。

英検では一つ上の先輩が受ける英検2級を合格し、高校3年生で英検準1級をとりました。センター英語は9割。


大学はアメリカやオーストラリア大学に進みたかったのですが、経済的な理由で断念しました。

その後、大学でアルバイトで交換留学資金をためて、アメリカに交換留学で1年行ってきました。


oval.jpg



アメリカではいつもアメリカ人と時間を共にしました。そこでアメリカで恋人も作りました。

今は日常会話は全く問題なく、もちろん洋画の字幕は必要ありません。

最近TOEFL ibt 100点を取り、大学院留学でまたアメリカに戻ります。



あなたは本気で失敗したことがありますか?

本気でくやしいと思ったことがありますか?

英語を本気で努力して習得する覚悟はありますか?



英語が凄く苦手だった人が、洋画を字幕なしで理解できたり、英語を母国語としている人と普通に会話できるようになった人はいませんか?

→山ほどいます。いますが、あなたがそうなるかはあなた次第!


みなさんも英語学習がんばってください。 長文失礼しました。

スポンサーサイト

Category : 自己紹介
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/139-eeb9a85c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。