QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

高校卒業後、アメリカの大学に留学したい人へ

高校卒業後アメリカの大学に進学したい、もしくはアメリカの大学に編入したいという人がたくさんいるので、そういった人達に私からのアドバイスを送りたいと思います。

academiegebouw_utrecht_the_netherlands-wallpaper-1366x768.jpg


私は、「高校卒業後、アメリカの大学に行きたいなら、人生をかけて夢を実現する、成功する覚悟を持って行ってください!」と伝えたいと思います。

日本の大学に行かずにアメリカの大学に行って、たいした成果も上げられず日本に帰国する。
もしくはだらだらと居座り、就職を考える時期になってこんなはずじゃなかったのに。
留学前に想像した自分とは違うなと感じる人はかなりいるのです。



私も高校の時にアメリカの大学に進みたかったのですが、両親から反対され、また経済的にもそのような余裕はなかったため断念しました。私は英語+専門性が欲しかったので、もっと深く理系の勉強してみたい、そしてそれを世の中の役に立てたいと思ったので、日本の国立大学の工学部に進みました。


大学ではやはりアメリカの大学と違って宿題はあまり出ず、周りの生徒の勉強に対する姿勢もよくなかったです。しかし、私はそんなのは気にせず、アルバイトをして留学資金をため、成績も常に最高の評価を目指して勉強しました。

私は大学3年生の時にアメリカの協定校に交換留学をして、貴重な経験をしてきました。そこで学んだのは、理想的と思い描いていた、輝かしいアメリカの姿ではなく、いろいろと気がついて、考えることがありました。特に、


1.留学=英語力の向上では決してないこと

州内でもレベルが低めの大学に通っている日本人がたくさんいることを知りました。その人達の英語力は、アメリカに2・3年いるというのに、英語が得意な高校生よりもひどい状況でした。

また私はアメリカ人と親しくなり、四六時中一緒にいたので、英語が上達して帰ってこれたと思っているのですが、日本人・アジア人・他の海外から来た留学生といっしょにいた日本人の人達は残念ながらあまり英語に関しては成長していないようでした。

また、こういった人達の多くは、留学前の英語力が低い、また留学中も英語を真摯に勉強するという姿勢がないようにも感じられました。


2.アメリカに対する憧れが根拠がなかったことを知った

やはり海外に対するあこがれは留学する人にとって実際大きいものではないでしょうか。私もそうでした。しかし、アメリカの現状を知っていくごとに、日本と同じように1つの国やシステムとして、直すべき所はたくさんあるということもわかりました。

(例えば施設が充実しているが、学費が高すぎる。) また、(人種や貧しい人達への) 差別やアジア人への偏見もしくは無知というのも経験しまして、自分の視野を広げる点で非常に勉強になりました。


3.日本の便利さと食べ物

どうしてもアメリカで安く食べようとするとファーストフードになり、アメリカの安い食べ物には知らない食欲増進、保存料などの添加物が多量に含まれ、このままでは健康に生きれない、長生きできないと感じました。
(これを避けるには有機野菜など高いお金を払って食べ物を買わなければなりません。)

これは実際問題、重要な問題だと感じました。また日本のコンビニや公共交通機関はアメリカにはありません。何かしたかったら、生きたかったら車運転してね、なんか欲しかったらWalmartのような巨大スーパーに運転してってねという世界です。

日本に帰ってきて、特に電車・バス・コンビニはほんとうに便利だなと感じます。

だた、アメリカで良いこともたくさんありました。
例えば、アメリカの方が Exciting である。周りの生徒が日本の生徒よりも確かに努力している。先生も日本の大学の先生よりも熱心に教えてくれる。(ただ、教養の数学などはアホみたいにレベルが低い)


library_drawing-wallpaper-1366x768.jpg


私は専門性を高めるために大学院はアメリカに戻ることに決めましたが、「日本の大学に行く-交換留学-日本の大学卒業-アメリカの大学院」という道を取ってよかったと思っています。

最初からアメリカの大学に行くと、必要のない教養の授業に無駄に高額な費用がかかる。
(多くのアメリカの大学生がこれに怒っている)

高額な費用を払い、目立った成果を出せなかった場合に、日本では周りの同年代の人達と比べてかなり遅れる。また、日本でも英語は自分で勉強できるし、自分の意思次第できちんとした専門の勉強はできると考えるからです。


結局はあなたの意思次第ですが、
「人生をかけて努力し、成功する覚悟を持って行ってください!」


カルチャーショックやホームシック、逆境があっても簡単にくじけずに、感情に流されず努力し続けてください。

そのような覚悟があったら高校卒業後にアメリカに行ってもいいのではないでしょうか。


スポンサーサイト

Category : アメリカ生活
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/142-1b9c3eee
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。