QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFLの勉強計画の立て方 まとめ

TOEFLの勉強のモチベーションを高く保つのに大切なことをお伝えしています。

今日は、「TOEFL勉強計画の立て方」について書いていこうと思います。


~ 前回までのおさらい ~

・短期間で大きな成果を出すためには、
 「行わなければならないこと」「行いたいこと」に変える必要がある

・TOEFLが受験者に求めていることを学んで勉強する

・自分の弱点を把握して勉強計画を立てる

・自分の能力と難易度が釣り合うような勉強計画を立てる



今回は「カバンを壁の外に投げる」ことの重要性についてお話ししていきます。




どいういうこと?


人生を旅だとイメージしてください。

あなたはリュックを背負い、目指す未来に向かって歩き続けます。

しかし、TOEFLという大きな壁が現れました。

さあ、あなたはどうするでしょうか?

A. あきらめて元の道を引き返す

B. とりあえずリュックを壁の外へ放り投げて、
  
  抜け道や壁を突き破る方法を探しますか?



発明家のトーマスエジソンンは、その年の大晦日までに白熱電球をつくると宣言し、リュックを壁の向こうに放り投げました。

それまでの実験で全て失敗に終わっていたのにです。
もちろんその年の12月31日に白熱電球は存在していました。


アメリカの35代大統領ジョン・F・ケネディーは10年以内に月に人を送り込むと宣言しました。
しかし、その当時必要ないくつかの技術は確立されていませんでした。


目標を明確に持ち、宣言することによって、目標を達成する確率は高まります。

スコットランド人の登山家ウィリアム・H・マーリーは、リュックを壁の向こう側へ放り投げることの利点を話しています。


決意が固まるまではためらいがあり、思うように動けず、常に後退の可能性がある。

人が決意を固めた瞬間、全てがその人のために動き出す。

まるで決意から、その人を助ける出来事が大きな川となって流れ出てくるかのようでさえある。

それがなければ発生し得なかったであろう様々なことがその人を助けるべく次々と発生し始める。

「自分に出来ること、あるいは出来ると夢見ていることがあったなら、意を決してそれを始めることだ! 大胆さは、その内側に、並外れた才能とパワーを隠し持っている。」

と語ったのはゲーテだが、私は今、彼のこの言葉の真実性を実感している。



まだ、あなたの部屋の壁にTOEFLの目標点数が掲げられていなかったら、

今掲げてみましょう。

まだ、あなたの夢について話していない人がいたら、話してみましょう。

絶対実現してみせると宣言してみましょう。

きっとそこから、思いもしなかったあなたを助けてくれるような出来事が起こり始めるかもしれません。

スポンサーサイト

Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/171-50b176b7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。