QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

教授へのコンタクト アメリカ大学院留学

今日はアメリカ大学院留学をするための教授へのコンタクトについて、私の経験とアドバイスを書いていきます。

私は4月からTOEFLの準備を始めて、TOEFL iBT100点を取れたのが7月後半

そこからGREの勉強を本格的に始めたのですが、なかなか点数が伸びず、

結局11月中旬くらいまでGRE対策していました。

テストが揃っていなかったですし、大学院出願校リサーチもあまり進んでいなかったこともあり、

私としてはあまり教授とのコンタクトに力を入れられなかったと感じています。


<私の経験>

ほんとにごてごてになってしまい、9~11月くらいまで教授にメールを送り、自己紹介をして来年研究室に学生を取る予定があるか、もしあればどのような研究を任せる可能性があるのかを聞きました。

こちらのページ ( http://jun.korenaga.com/?q=node/36 ) を参考にしながら英語で書いてみました。

その後、アメリカ人に英文をチェックしてもらい、丁寧な英語になるようにしました。


具体的なメールの内容は

①自分の所属 大学, 学部,学科

②自分の専門分野

③自分の将来の研究希望

④なぜその研究をしたいのか


タイトルは Master's program opportunity と打ちました。

できるだけその教授の論文も読んだ後メールを出したのですが、2割が開封すらされず、

返事が返ってきたのは半分以下でした。

来年学生を取るつもりだから頑張ってなどと返してくれる易しい教授も中にはいましたが、たいていは短く質問の答えだけが返ってくる物ばかりでした。

学生を来年取る予定はあると返ってきても、研究内容までは教えてくれませんでした。

外部の全く知らないやつに自分の研究内容を説明したくもないということなのでしょう。

またいちいち説明すると長くなるので、説明したくないということもあると思います。


私はその先から質問したいことが特になかった...ですし、アメリカの研究室を実際に訪問する余裕もなかったため、

メールが返ってきても、返信ありがとうと言うしかなく、実際どのくらい意味があるのかわからなくなり

10通かそこらで止めてしまいました。


これから大学院留学のために教授とコンタクトを取る場合には↓のページを読んでみてください。

http://jun.korenaga.com/?q=node/36

上のページにはEメールでのコンタクトの見本が書いてあります。

また、この本にも教授とのコンタクトのEメールの書き方や見本例が載っています。


理系大学院留学―アメリカで実現する研究者への道 (留学応援シリーズ)



<アメリカの研究室訪問について>

研究室の訪問が決め手となったという先輩もいらっしゃるようですし、

訪問先の先生に推薦状を書いてもらったという先輩もいらっしゃいます。

しかし研究室を訪問せずに合格を勝ち取った先輩方もたくさんいます。


外国人はコンタクトを取らないと合格の可能性が狭まるという記事も見たことがあるので、

・英語での日常会話には大きな問題がない

・夏休みなどに金銭的・時間的な余裕がある

という方は、アメリカの研究室を訪問してもいいのではないでしょうか。


大学4年生の夏休み後というのは、中間発表などもあり、自分の研究室でも忙しい事が多いので、

やはり夏休みが絶好の機会だと思います。

ただアメリカの教授も休暇を取る人もいるので、夏休みに研究室を訪問する場合は

5月・6月ぐらいからメールを打っておいた方がいいかもしれませんね。

アメリカは5月中旬ぐらいから8月まで授業はなくなりますので、いつ休暇を取ってもおかしくない状況かと思います。

具体的なスケジュールは近くなったら電話して聞いても良いかなどと聞くのもありかもしれませんね。



訪問前の準備としてやっておきたいのが、

①研究室から出ている論文を読むこと

②大学や学部についてリサーチをしっかりすること

③質問事項を用意しておくこと

④聞かれるであろう質問の答えを用意しておくこと



④は例えば、

・なぜこの分野に興味があるか

・なぜ留学したいのか

・今どのような研究をしているか などです。



将来大学院留学をしたいという方は交換留学を体験してアメリカの大学の雰囲気を感じるのがいいと思いますが、

もしも留学経験なしからの大学院留学という場合には、研究室を訪問して、ついでにアメリカの大学を少し

見て回るだけでも、雰囲気が味わえて良い経験になるかもしれません。





スポンサーサイト

Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 1 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/181-95e5e2b6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。