QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

大学院留学出願結果

まずはみなさんこのブログを読んで頂きありがとうございます。

私の経験をありのまま書いていますので、何かお役に立てていればいいなと思っています。

さて記事の更新が久しぶりになってしまいましたが、

今日は私のアメリカ大学院留学の出願結果についてお伝えしようと思います。

結論から言いますと....

私は学部は化学工学を専攻していたのですが、マスターでは石油工学を学びたいということでアメリカのテキサス、ペンシルベニア、ルイジアナ、ウェストバージニア、ワイオミング、カンザスの大学に出願しましたが、結果的に全て不合格でした。

敗因は何なのか?

自分で考えた範囲ないですが、

①交換留学時代の大学の成績の悪さ(GPAの低さ)

②エッセイにエッセンスが足りない?

 選考を変えるという未経験なので、魅力的な内容がない...

③コネがない

 おそらく推薦状はやっと書いて揃えたという感じで、強力な推薦状ではない

④TOEFL・GREの成績送付など出願不備があった

 TOEFL・GREの送付は思ったよりも時間がかかる場合があります。

 同時にいろんな大学にいろいろなものを送付したりするので大変ですが、

 首尾良くやっていきましょう。


最後に、これが大本の原因なのかもしれませんが、

⑤それが本気で情熱を傾けてやりたいことなのかということが、本当にわかっていなかったのではないか

そもそも私が専攻を変えようと思ったきっかけは、学んでいた化学工学にピンと来ていなくて、

アメリカでは石油工学エンジニアが優遇されている、そしてネットなどで調べる限りでは

仕事もおもしろそうだなと思ったのがきっかけなんですよね。

よく考えてみれば正直これって後からとってつけた物なのかもしれません。


「しっかりとした理由もない、あまり経験や知識もない」

そんなやつを入学させて金を払ってあげるほど世の中はあまくないっていうことですね。

それは当然....なのかもしれません。


全て大学院落ちまして、実は就職を考えているのですが、何がしたいかもわかっていないのでは

うまくいくはずもないので、もう少しいろいろ考えてみたいと思います。


今回のところは結果報告と自己反省ということでいったん終わりにしたいとおもいます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。


スポンサーサイト

Category : 大学院留学
Posted by 梅田孝義 on  | 3 comments  0 trackback

-3 Comments

梅田 says..."Re: タイトルなし"
こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですね、ほんとは僕も成功体験を書きたかったですが(笑)、ただ僕の体験が他の人の役に少しでも立てばと思ってこうして書いています。

専門知識の必要な記者のようなお仕事もご紹介くださりありがとうございます。理系出身の知識を駆使して門外漢にも分かるように噛み砕いて伝える仕事もすばらしいと思います。ただ僕は科学などに興味があるだけではなくて、「ものづくり」がしたいと考えています。僕が考えてる「ものづくり」は「実際に自分が手がけたものが成果として世の中にでていって、役に立つ」ということです。

> 海外は一旦社会に出てから大学院に行くというのはよくある話です。
> 社会に出てから大学院にどうしても行きたかったら留学を考える、のもありだと思います。
全くその通りですね。私もいったん社会に出て働くことにしました。もちろん後々大学院にいくことを考えています。ありがたいお言葉ありがとうございます!


> 成功体験ばかりが誇らしげに披露されますが、そんな中
> 臆せずにこうして不合格の体験を共有してくれる梅田さんに感謝します。
>
> ところで、こうして書く事が好きなのでしたら、専門知識の必要な記者なども視野にいれてみてはいかがでしょう。
> 新聞やテレビ、雑誌、いろんなところで理系出身の知識を駆使して門外漢にも分かるように噛み砕いて
> 伝える、というのも良いのではないでしょうか。
> 順当にエンジニアになるのももちろん良いと思います。
> 海外は一旦社会に出てから大学院に行くというのはよくある話です。
> 社会に出てから大学院にどうしても行きたかったら留学を考える、のもありだと思います。
2014.08.30 20:07 | URL | #- [edit]
Daichi says..."はじめまして"
はじめまして。現在大学学部4年の大学生です。
来年の秋からの、アメリカの大学院入学を目指しております。

私も梅田さんと同じくマスターから石油工学に分野を変えようと(生命科学→石油工学)思っておりまして、
石油工学と検索したところこのブログにヒットしました。

出願結果、残念でしたね。梅田さんほど英語の成績がいい人が受からないのだから、私の思っている以上に、アメリカの大学院の合格を勝ち取るのは難しいようですね。

正直、私はアメリカの大学院は数打てばあたると思っていたところがあったので、このブログの記事を見て、すごく不安になりました。

梅田さんのブログを見て、いくつか質問があります。もしよろしければご回答よろしくお願いします。

・梅田さんは修士に出願したのでしょうか?それとも修士と博士一貫のプログラムに出願したのでしょうか?
・梅田さんは失敗の最大の理由はエッセイだったかもしれないとおっしゃっていましたが、大変失礼かもしれませんが、もしよろしければ、どのような内容のエッセイだったのかを教えていただけないでしょうか。

宜しくお願いします。
2015.10.04 10:18 | URL | #- [edit]
梅田孝義 says..."Re: はじめまして"
こんにちは。梅田です。
コメントありがとうございます。
同じように専攻を変えて石油工学に進まれる人がいるとは思いませんでしたw
私は修士に出願しました。
エッセイの内容はかなり個人的なことになりますので
こちらにご連絡ください。
→info@successintoefl.com


> はじめまして。現在大学学部4年の大学生です。
> 来年の秋からの、アメリカの大学院入学を目指しております。
>
> 私も梅田さんと同じくマスターから石油工学に分野を変えようと(生命科学→石油工学)思っておりまして、
> 石油工学と検索したところこのブログにヒットしました。
>
> 出願結果、残念でしたね。梅田さんほど英語の成績がいい人が受からないのだから、私の思っている以上に、アメリカの大学院の合格を勝ち取るのは難しいようですね。
>
> 正直、私はアメリカの大学院は数打てばあたると思っていたところがあったので、このブログの記事を見て、すごく不安になりました。
>
> 梅田さんのブログを見て、いくつか質問があります。もしよろしければご回答よろしくお願いします。
>
> ・梅田さんは修士に出願したのでしょうか?それとも修士と博士一貫のプログラムに出願したのでしょうか?
> ・梅田さんは失敗の最大の理由はエッセイだったかもしれないとおっしゃっていましたが、大変失礼かもしれませんが、もしよろしければ、どのような内容のエッセイだったのかを教えていただけないでしょうか。
>
> 宜しくお願いします。
2015.10.04 17:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/190-b6aac7ad
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。