QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFL Listening リスニングの勉強法

TOEFLのリスニングの勉強法についてですが,

その前にTOEFLの問題の構成を考えると,
リーディング以外の全てのセクションに
ただしく聞き取ることが必要な問題がたくさんあります.

したがって,TOEFL本番で何言ってるか理解できずに
いろんなセクションの問題をこなしていた人が
しっかり聞き取れるようになると,

リーディング以外のセクションでも急激に点数が上がる

ということが起きます.


しかしですね,あくまで勘違いして欲しくないのは,

そんなに簡単に聞き取れるようにならない!!!ということです.


私はアメリカ・オクラホマ州に短期留学しましたが,
耳が慣れてたいていのことが聞き取れるようになったのが
留学して半年後でした.

さあ,簡単に半年以上留学できるわけでもないわけで
どうしたらいいかというと...


1.ディクテーション

2.メモの練習

3.ひたすら練習




1.ディクテーション

みなさん1回はディクテーションが良いと聞いたことあるでしょう
聞いた文をそのまま,聞けるようになるまで聞いて書き取る
というものです.

聞き取れないんだから,最大限の注意を払って聞くっていうのは
あたりまえですよね?ただ普通に聞いていたのではそれは無理
だからディクテーションする必要があるです
これで一つ一つ聞き取れる単語・フレーズを増やしていきます.



2.メモの練習

言ってることを全て書き写すのは実践的ではありません
リスニングでは,話の筋をメモする必要があるのです.

※メモなんて必要ないだろうと思っている人へ
 私もそう思ってましたよ!だいたい聞き取れるし
 そうしてリスニングの5点以上どぶに捨ててたこと
 に気がついたのはメモの練習に取り組んだ後,TOEFL
 を受けて,リスニング27点,ライティング27点
 スピーキング22点を取った後.

メモの練習については他のページで書いているので
こちらを参照してください

このメモの練習は,講義を聴く必要がある問題
に効果が出ます.会話はよくわかるんだけど,
講義のリスニングになるとわからなくなることが
よくあるっていう人いるんじゃないでしょうか?

そういう人がきちんと練習すると,
リスニング,スピーキング,ライティングで
リスニング2-3点,スピーキング・ライティングで
1点ずつでまあ,合計5点ぐらいは違ってくると思います.


それだけディクテーションとメモの取り方の練習は
大事なんです!

言うまでもないですが,語彙力がないと,
ディクテーションで聞き取れ理解できるはずがないので,
もちろんそれに平行して英単語を覚える必要はあります.


ディクテーションやメモの取り方の練習の無料教材

English-test.net
無料でTOEFLにでてくるようなレクチャーが50題
(もちろんスクリプト付き)


Youtubeで練習!



レベルはTOEFLよりも低め.しゃべりが遅い
リスニング23以上の人には簡単過ぎでしょうか?

スポンサーサイト

Category : その他
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/46-e8ac154b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。