QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFL スピーキング 勉強法 Q1 (2)

TOEFLスピーキングQ1の続きです。

どうすれば、TOEFLスピーキングで「うーあー」の時間が減るのか?


2.話している間の自己分析・自己評価・嫌悪をなくす

自分が話している間,

「あー,やべー,全然話せてない」

「またこんなこと言ってるよ」

「こんなんじゃ,全然だめだ」

って思っていませんか?

これがだめなんです。深層意識で自分を妨げているんです。
人間の脳は論理的に考えて話しながら,自己評価を同時にする
なんてことできるはずないんです!(特に緊張してるときは)

この自己分析は「何か最もらしいことをいわなければならない」
という考えから来ていることが多いです。その「なんかすごいこと」
と比べて自分の言ってることが良くないので「やばい,だめだこりゃ」
ってなるわけですね。

だからこの話し中の無駄な考え,無駄な自己分析を止める必要があります。
自分自身に言い聞かせてください。なにも満点をとるために「すごいこと」
を言わなくてもいい。落ち着いて自然に話ができれば点数をとることができると。
止めようとすれば止められます。


3.練習あるのみ

楽して点数が上がるなんて思わないでください。無理です。
1・2のことを気にとめて練習するだけで全く違います。
「ウー,アー」が少なくなり,もっとスムーズに言えるようになります。

少なくならない人は,少なくなるまで練習!
同じ問題を,最初はスクリプト用意してもいいので
何も見ないで完璧に言えるようになるまでその問題を練習してください。

自分の声を録音して練習してください。
どれだけ自分の声が自信なく聞こえるかわかります。

自信を持って,落ち着いて,自然に話せるように

それをたくさんの問題で繰り返している内にもっとスムーズに
言えるようになります。

ちなみにこの動画も参考にしてください。


次は,私も苦労したTOEFLスピーキングの話すスピードについて書きたいと思います。



私が言っているのは Notefullというオンライン教材で学んだことです。

Notefullではもっと詳しく,toeflのテクニックや勉強法を教えてくれます。

興味のある人はこちらからどうぞ。

Notefull リンク




スポンサーサイト

Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/57-32cc39d1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。