QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFL スピーキング 勉強法 Q2 (2)

TOEFLトフル勉強法 (スピーキング編) Q2の続きです。



攻略法3.問題リストを使って練習



練習のコツ① 録音して練習する

 自信がなかったり、声が小さかったり、基本的な修正点は自分で修正



練習のコツ② 言う内容を準備して練習

 すぐに理由や具体例が思いつかない場合,
 話す内容を先に考えてから話す練習をしましょう。
 
 その際には「アー,えっと」みたいな無駄なことを
 言わないように気をつけて、暗記してスラスラ言えるくらいまで
 練習しましょう。


練習のコツ③ 話すスピード

 ある程度の内容が必要とされるので、そもそも話すスピードが遅いと
 例えば自分ですぐ内容が思いつかないので、言う内容を準備してから

 話す練習をするとしますよね。その時におっそいと45秒内に用意した
 内容が言えないわけですね。

 などで、絶対的なスピードも必要になります。
 目標は45秒で100語。

 ②でも100語ぐらいの内容を考えてスラスラ言う練習をしましょう。


(注意)スピードも大切ですが、やはり内容が一番です!
めっちゃ速口でいっぱい言っても、内容が薄ければ高得点は
望めません。

45秒で100語ちょっと行っていれば、内容を濃くするか考えた方が
良いでしょう。

 
TOEFLトフル スピーキングの勉強法を公開しています。

あきらめずに一つ一つ毎日1・2ヶ月練習すれば
かならずTOEFL スピーキングの点数が上がります。

がんばってください!

スポンサーサイト

Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/61-b7b7cef2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。