QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

TOEFL スピーキング 勉強法 Q4

TOEFL勉強法(スピーキング編) Q4

今回はTOEFLスピーキングのQ4についてです。

Q4の構成

①リーディング 45~50秒 (約100語)
 内容はすこし学術的,レクチャーの内容

 「トピック・用語」「トピック・用語の定義」は最低メモ

「トピック・用語」は大体タイトルなのでそれをメモしてください。
 二度とは表示されませんし、絶対必要な情報です。

 例) 用語:カモフラージュ
    定義:周囲の風景に溶け込むことにより敵から発見されないようにすること


②リスニング 「レクチャー」 1~1.5分

 教授がリーディングのトピックについて例を交えて話します。
 その例の内容が特に大事。

 例)教授のカモフラージュを使う動物について
   例えばカエルなどの具体的なはなし。


③準備 30秒

 (準備の注意)
 色々メモできたとします。できなかった人は,メモの練習が必要。
 メモの取り方についてはこちらリンク
そしたら,必要ない物を線で消してください。60秒って短いです。
 
 大事な部分だけを選んで伝える必要があるのです。

 書き取ったことを全て60秒で言えるわけないんです。




④スピーキング 60秒


ここでは、聞き取り能力,情報を整理する能力,それを順序立てて
話す能力が問われています。このうちの自分は何ができていないか
きちんと見きわめてください。

聞き取り能力 → ディクテーション
情報を整理する能力 → メモの練習
順序立てて話す能力 → 問題で練習

をオススメします。


(話す際の注意)

 リラックスして落ち着いて。話している際に自己評価しない。
 (やべ,これだめだ,なんて話してるときに思わない)

 きちんとメモが取れていれば、ただそれを伝えるだけでいいのです。


 必ず必要な情報

 リーディングの「タイトル・トピック」
        「トピックの定義」
 リスニングの具体例


 具体的な例はこちらの動画を参考にしてください。





 私が使って良かったと思う Notefullの先生が動画で解説しています。
 
 この先生は英語を外国人に韓国でだったか忘れましたが,英語を何年間か教えた後,
 TOEFLだけを9年近く教えていて,自身でもTOEFL120点,TOEFL満点を何回もとっている
 先生です。外国人にTOEFLを教えるプロ中のプロです。

 このNotefullはTOEFL予備校に通うよりはるかに役に立つと思います。

無料サービスも充実しています。 リンク


あまりお金をかけたくないが、実践的なスピーキング問題で鍛えたいという人は、

tebby356@yahoo.co.jp に「実践的なスピーキング問題について」メールをいただくか、

こちらのページを訪問してみてください。

スポンサーサイト

Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/66-0031bc7c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。