QLOOKアクセス解析

アメリカ大学院留学志願 |   ホーム   |   自己紹介   |   ブログマップ   |   無料TOEFLメルマガ講座   |   ホームページ   |   リンク   |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 梅田孝義 on  | 

大学院留学への準備 教授へのコンタクト

こんにちは。 今日は大学院留学の準備として、

興味のある研究をしている教授の論文を読んで、

その教授にコンタクトを取りました。


大学院留学において、事前にコンタクトを取った方がいい
といわれているので、自分もそうしています。


しかし、7人の教授にメールをおくっても、帰ってきたのは半分以下。
どうやらそれは普通のようです。

やはり、きちんとメールを返してもらいたいなら、
興味があるなら論文くらい読んでおいた方が良いということですね。

メールの内容も、幼稚ではない礼儀正しい英語でだしたいですね。
私はアメリカ人の友達にこういうこと書きたいんだけど、

礼儀正しい英語に直してくれない?っといって頼みました。
これでテンプレみたいな物ができあがります。

教授のコンタクトの仕方については「理系留学のススメ」という
Webページも参考にしました。


大学院留学したいと思っている人は、なるべく早い段階で興味のある分野の
論文を手に入れて読むことをオススメします。

どうやって?

理系大学生であれば、大学の図書館などのコンピューターから
ScienceDirect を検索して、そこからある程度の論文をPDFで
ダウンロードできます。

(大学がScienceDirectに登録しているからです。)

スポンサーサイト

Category : 大学院留学
Posted by 梅田孝義 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukichan2011.blog.fc2.com/tb.php/87-aed39bfc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。